ビールの定義

アイランド05

ビールとは炭酸アルコール飲料です。ビールと似たものに、発泡酒や、第三のビールと呼ばれる飲料もあり、ややこしいですよね。ビールと呼ばれることを許されるための定義は、原料の分量にあります。ビールの製法は大きく分けて二通りのものがあります。ビールの製法のうちのひとつは麦芽・ホップ・水をビール酵母で発酵させて作るという製法です。そしてもうひとつの製法とは、麦芽・ホップ・水ここまでは上記の原料と一緒ですがさらにここに米など他の原料も加えて発酵させるという製法です。できあがったものがビールと呼ばれるためにはここで加える原料が定められた特定の原料となります。主原料の他に別の原料を混ぜ込んで、できあがる量を増やすことで、少ない主原料からより多くの製品を作り出すという事はどのような業界でも行われています。しかし、混ぜ物が多くなるとどうしてもその品質は下がってしまいます。ビールの定義においてもこの、麦芽・ホップ・水以外の原料の分量は麦芽の分量の半分をこえてはならないと定められています。ビールは、日本では別名麦酒とも呼ばれているように、麦芽が原料のなかでももっとも重要なポジションにあります。麦芽の量が全体の3分の2以上である事もビールの定義のひとつです。